就業者の推移データ(男性・1984年~2020年)

※こちらのデータは労働力調査の長期時系列データ【四半期平均結果等―全国】(表9)、ならびに労働力調査の長期時系列データ【年平均結果―全国】(表10)を元に調査し、編集したデータです。
※1984年~2001年までは、2月時点での数字です。
※2002年以降は年平均です。
※2011年の数値は東日本大震災の影響により、岩手県、宮城県及び福島県において調査実施が一時困難となったため、補完的に推計した値(2015年国勢調査基準)となっております。

男性のデータ
就業者
2020年/令和2年3,700万人(-24万人)↓
2019年/令和元年3,724万人(+15万人)↑
2018年/平成30年3,709万人(+46万人)↑
2017年/平成29年3,663万人(+16万人)↑
2016年/平成28年3,647万人(+18万人)↑
2015年/平成27年3,629万人(+3万人)↑
2014年/平成26年3,626万人(+14万人)↑
2013年/平成25年3,612万人(-2万人)↓
2012年/平成24年3,614万人(-17万人)↓
2011年/平成23年3,631万人(+2万人)↑
2010年/平成22年3,629万人(-24万人)↓
2009年/平成21年3,653万人(-81万人)↓
2008年/平成20年3,734万人(-18万人)↓
2007年/平成19年3,752万人(+30万人)↑
2006年/平成18年3,722万人(+11万人)↑
2005年/平成17年3,711万人(+10万人)↑
2004年/平成16年3,701万人(-6万人)↓
2003年/平成15年3,707万人(-18万人)↓
2002年/平成14年3,725万人(-26万人)↓
2001年/平成13年3,751万人(-4万人)↓
2000年/平成12年3,755万人(-25万人)↓
1999年/平成11年3,780万人(-28万人)↓
1998年/平成10年3,808万人(-18万人)↓
1997年/平成9年3,826万人(+52万人)↑
1996年/平成8年3,774万人(+7万人)↑
1995年/平成7年3,767万人(-9万人)↓
1994年/平成6年3,776万人(-1万人)↓
1993年/平成5年3,777万人(+18万人)↑
1992年/平成4年3,759万人(+84万人)↑
1991年/平成3年3,675万人(+60万人)↑
1990年/平成2年3,615万人(+54万人)↑
1989年/平成元年3,561万人(+56万人)↑
1988年/昭和63年3,505万人(+46万人)↑
1987年/昭和62年3,459万人(+11万人)↑
1986年/昭和61年3,448万人(+17万人)↑
1985年/昭和60年3,431万人(+18万人)↑
1984年/昭和59年3,413万人

就業者の推移データ(男性・1984年~2020年/昭和59年~令和2年)は
就業者が一番多い年は1997年で3,826万人
就業者が一番少ない年は1984年で3,413万人でした。

就業者の上昇人数が一番多い年は1992年で+84万人
就業者の下降人数が一番多い年は2009年で-81万人でした。